blog 社員ブログ

2022.06.03
今年はどう過ごした?後藤ブランド社員のゴールデンウィーク
2022.06.03

 

こんにちは!クリエイティブチーム ディレクターの藤本です。

外出制限が解除されてから、初めてのゴールデンウィーク。
平日も休むと最長で10連休となる今回、みなさんはどのように過ごしましたか?
中には、海外旅行や国内旅行を楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

今回のブログでは、私含む以下3名の社員による、ゴールデンウィークの過ごし方をご紹介させていただければと思います^^

■Webマーケティングチーム コンサルタントの加藤
■Webマーケティングチーム アシスタントの齋藤
■クリエイティブチーム ディレクターの藤本

では早速いきましょう!
まずはWebマーケティングチームの加藤から!

長野県&群馬県の旅 〜Webマーケティングチーム コンサルタントの加藤〜

こんにちは!加藤です!
僕は、長期休みになると家族で軽井沢にある祖父の山小屋に泊まりに行くのですが、今回のゴールデンウィークも例外ではありません!
その中でも非日常を感じられた場所を厳選して2カ所、ご紹介したいと思います!

1つ目は、長野県小諸市にある、「釈尊寺 布引観音」です。
軽井沢からは少し離れた場所にあります。
今まで小諸市には何度か行ったことがありましたが、この布引観音を知ったのは今回が初めてでした!
 

小諸駅に「布引観音」のポスターが貼ってあり、清水寺を彷彿とさせる断崖絶壁にかかるお寺に、「何だこれは!?」と興味を惹かれ、実際に行ってみることに!

15分ほど登山した先には、長野県の清水寺「釈尊寺 布引観音」がありました。

天気も良かったので、バックには綺麗な浅間山が!

お寺自体はかなり高いところに位置しているので、高所恐怖症の方にはあまりおススメできません。(笑)

しかし、高いところならではスリル満点な景色に、気分爽快な体験ができました!

お寺までの登山道は少々険しいですが、途中で滝などもあり自然が豊かだったので、程よい運動とリフレッシュができました。

(ちなみに小諸市に行ったら、「草笛」というお蕎麦屋さんもおススメです!)

 

【釈尊寺 布引観音】
〒384-0071 長野県小諸市大久保2250

2つ目は、私が毎冬スノーボードでお世話になっているゲレンデの1つ、「パルコール嬬恋リゾート」です!
ゴールデンウィークに訪れた時には、既にゲレンデとしての営業は終了していたのですが、昨シーズンは大盛況だったようで、なんと北京五輪のハーフパイプで金メダルを獲った平野歩夢選手も訪れていたようです!

(同じゲレンデで滑れていたというだけで嬉しさが込み上げてきました・・・!)

今回このゲレンデを訪れた目的は、スノーボードではなく、フキノトウ狩りです。
(まだ雪はあったので、頑張れば滑ることもできたかもしれませんが・・・。笑)

毎年4〜5月ぐらいになると雪解けが進みフキノトウが出てくるので、今回も自然の恵みをいただきに行きます!
採ったフキノトウは、今回天ぷらにして食べました。春の訪れを感じる美味しさで、お酒が止まりません!

春の訪れを感じ、リフレッシュすることができたゴールデンウィークでした!

 

【パルコール嬬恋リゾート】
〒377-1611 群馬県吾妻郡嬬恋村 大字干俣 バラギ高原

 

・・・いかがでしたでしょうか?
大自然の中でリフレッシュできたようで、日頃の疲れも癒されたのではないでしょうか!

続いてはWebマーケティングチームの齋藤さんによるゴールデンウィークの過ごし方をご紹介いたします!

宮崎県の旅 〜Webマーケティングチーム アシスタントの齋藤〜

こんにちは!齋藤です!
今回私は宮崎県に旅行へ行ってきました!その中で訪れたおススメの場所・グルメをいくつか紹介したいと思います。

一つ目は、青島。

ここは島全体が「青島亜熱帯性植物群落」として国の特別天然記念物にも指定されている、小さな島です。

「鬼の洗濯板」と呼ばれる波状岩で囲まれており、島そのものがパワースポットと言われています。

島の中心には縁結びで知られる「青島神社」があります。

さらに、青島神社へ渡る橋のふもとに佇む「黄色いポスト」は幸せを呼び込むと言われているのでお見逃しなく!
実際に投函もできるんですよ。

二つ目は、サンメッセ日南。
世界で唯一の完全復刻のモアイ像があります。
青い海をバックに並ぶ7体のモアイ像は圧巻です。
SNS映えする写真スポットが沢山あり、家族でもカップルでも楽しめます。

三つ目は、鵜戸神宮。
海に面した神秘的な洞窟の中に本殿が建つ神社で、夫婦円満、安産祈願の御利益があると親しまれています。
門と柵の鮮やかな朱色と、空と海の青のコントラストがとっても美しいです!

願いを込めながら玉を投げ、亀石と呼ばれる岩の枡形に入れば願いが叶うといわれている「運玉」も人気です。
運試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最後は宮崎グルメを紹介したいと思います。

宮崎といえばキチン南蛮や宮崎牛、マンゴーなどグルメも豊富ですよね。

宮崎が誇る激辛フードの「辛麺」。

唐辛子で真っ赤に染まったスープは、たっぷりのニンニクも入っており、辛さだけでなく深い旨味とクセになる味わいで、一度食べたら病みつきです。

完熟マンゴーといえば、宮崎県産の「太陽のタマゴ」が有名ですよね。
ルビーのような赤い皮に包まれたオレンジ色の実は、濃厚でジューシーな甘みです。
重さ350g以上、糖度15度以上の基準を超えたマンゴーのみ「太陽のタマゴ」の称号が認定されます。

「フルーツ大野」は、宮崎でも老舗の果物店。

季節の果物を使ったフルーツパフェは、写真映えはもちろん、飲んだ後の「〆パフェ」としても人気沸騰中。

ボリューム感があって食べごたえも十分です!

少しお値段は張りますが、宮崎に訪れた際は「太陽のタマゴ」をお土産に買ってみるのはいかがでしょうか。

【フルーツ大野 
〒880-0002 宮崎県宮崎市中央通1-22 ばんぢろビル 1F

 

以上、宮崎のおススメをご紹介しました。気になるものはありましたでしょうか?
東京から飛行機で1時間半の宮崎。温厚な気候で南国気分を味わいに是非訪れてみてください!

 

・・・ありがとうございました!
宮崎グルメがとっても美味しそうで、私もいつか宮崎に行ってみたいと思いました!
 

最後は私、藤本のゴールデンウィークの過ごし方を紹介させていただきます!

栃木県&群馬県の旅 〜クリエイティブチーム ディレクターの藤本〜

なかなか外出できず、ここ何年かは我慢の日々が続きましたが、ついに!外出制限が解除とのことで、感染対策を万全にして群馬県と栃木県周辺を巡る2泊3日の旅行に行かせていただきました!
東京からだと車で2時間弱で行くことができるので、ショートトリップにはおすすめです。

まず辿り着いたのは世界遺産や国宝にも認定されている、群馬県富岡市にある「冨岡製糸場」。

明治5年に明治政府によって設立された製糸場で、日本の近代化のために洋式の繰糸器械を備え、フランスから指導者を招いて、生糸の品質改善や生産工場、技術の指導者を育成するなど、全国から来たたくさんの工女が活躍した場所です。

広大な敷地の中には日本と西洋の技術を融合させた建造物がいくつもあり、中を見学することができます。

実際に生糸を紡ぐデモンスレーションも見ることができ、当時の工女の働く様子を想像することができました!

 

【冨岡製糸場】
〒370-2316 群馬県富岡市富岡1

2日目は以前から行ってみたかった大谷石の採石場跡を見学できる、大谷資料館へ。
大谷石とは栃木県宇都宮市大谷町付近から採掘された石のことで、白っぽい色をしていることが特徴です。
大谷町の周辺では、ほとんどの蔵に大谷石が使用されていました。

資料館では実際の採石場跡や使用していた機材などが展示されていて、常に5度前後の気温を保っているため、現在はワインや日本酒、納豆などの貯蔵・熟成にも使われているほか、MVや映画の撮影にも使われているようです。

地下の広大な空間は静かでひんやりとしていて、日本とは思えないような神秘的な空間でした。

異空間を楽しみたい方にはめちゃくちゃおすすめの場所です!

 

【大谷資料館】
栃木県宇都宮市大谷町909

最終日3日目は、大藤を見に「あしかがフラワーパーク」へ!

以前バラの季節に一度来たことがあるのですが、藤の花の時期に行くことは初めてだったので今回とても楽しみにしていました!

私事ですが、藤本の家紋が藤の花なので勝手に共感を持っております。(笑)

園内に入ると、とんでもなく大きな広さ、1,000㎡もある樹齢160年の大藤がお出迎え!

しかも白藤やきばな藤など350本以上の藤があるそうで、あしかがフラワーパークの底力を感じました。(笑)

ちなみにあしかがフラワーパークは、CNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10か所」に日本で唯一選ばれているそうです。 

なかでも私のお気に入りは、ブドウの房のようにボリュームがあることが特徴の「八重黒龍藤」。
藤の中でも特に香りが強く、名前もかっこいいですよね!

 

【あしかがフラワーパーク】
〒329-4216 栃木県足利市迫間町607

 

いかがでしたか?

久々の長期休暇で自然や美味しいものを堪能してパワーをしっかり蓄えたので、みなさまのお役にたてるよう、今後も精進を積み重ねてまいります!

引き続き後藤ブランドを何卒よろしくお願いいたします!

WRITER
クリエイティブチーム
ディレクター
藤本

RECOMMEND

RANKING
03-5413-6003
[Mon-Fri 10:00~19:00]